ワークフローRIP
Tag: rip リップ ワークフローRIP trueflow

Trueflow

 大日本スクリーン製造株式会社が開発、株式会社メディアテクノロジージャパンが販売している、ワークフローRIP。

 日本のCTPセッターのシェアに連動する形で、シェアが高いワークフローRIPである。

特徴

 Trueflowはセグメント別に様々なバリエーションが存在しており、それぞれの機能がモジュール化されているので、入力部・出力部等を1台のサーバにまとめることも、負荷分散を考えて複数のサーバにすることも可能。また、入力部と出力部を別の事業所に置くなど、2サイト運用も可能になっている。

入力

 Trueflowは、DTPアプリケーションなどで生成されたPSデータや、PDFデータを入力する。ここで、今までのRIPのように、AppleTalkのプリントサーバとしての振る舞いはできず、ホットフォルダと呼ばれる、Trueflowサーバのボリュームにある入力用フォルダ(通常\HFROOT以下に階層化されている)へPS/PDFファイルをコピーすることで入力する。

Trueflow Client

 Trueflow Clientは、Trueflow 3にて用意された、JavaベースのTrueflow制御用クライアントソフト。

出力の手引き

Trueflow出力の手引き 第11版 Ver3.03/Ver3.12/Ver4.01/Ver5.00対応(PDF/12.6MB) http://www.screen.co.jp/ga_dtp/product/trueflow/trueflow_j.html

PS→OutlinePDFの制限

入力されるPSには、1.3GBの制限がかけられている。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-14 (火) 20:24:22 (949d)