スクリプト
Tag: script スクリプト applescript suffit

9hoursbefore

これは何?

 AppleScriptにより、タイムスタンプを9時間戻します。
 Mac OS X の StuffIt の特定バージョンは、.sit アーカイブを解凍するとき、ファイルの時刻を+9時間して解凍してしまう不具合があります。そのようなアーカイブを解凍したとき、このスクリプトを使って、時刻を-9時間戻します。

Download

Mac OS X 10.5.5、Mac OS X 10.4.6、Mac OS X 10.3.9

file9hoursbefore.app.sitx

Script

 スクリプトは、Mac OS X 10.2 以降で動作確認しています。

-- FileName: 9hoursbefore.txt
-- 機能:ドラッグアンドドロップしたファイルの 
--    タイムスタンプを-9時間します。
-- 2006.7.26 CL(Oono Yoshitaka)

on open of theFiles
tell application "Finder"

set change_time_seconds to -9 * 3600

--ファイルの変更
repeat with i in theFiles
try
set modification date of i to (modification date of i) + change_time_seconds
on error errMsg number errNum
display dialog ((name of i) as Unicode text) & return & "の処理に失敗しました。"
end try
end repeat

end tell
end open

免責

 このスクリプトは、当方で動作確認はしましたが、すべの環境における動作保証はいたしませんので、使用者の責任において使用してください。

既知の問題

  • ファイルサーバにあるファイルをドラッグアンドドロップしても、時刻が更新されないことがあります。その場合は、デスクトップにコピーしてから、ドラッグアンドドロップをしてください。
  • 2回ドラッグアンドドロップしてしまった場合は、当然18時間さかのぼってしまいます。その場合は、元のアーカイブから解凍するところに戻ってください。

補足

 このスクリプトは、市川せうぞー氏の下記 URL にあるスクリプトを参考にしました。

(DTPtechNote?:598) ファイルの修正時間の変更
http://www.seuzo.jp/rubbs/search_html/msg00591.html

 スクリプト配布に当たって、市川せうぞー氏に了解をいただき、改変をしました。




添付ファイル: file9hoursbefore.app.sitx [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-15 (土) 01:56:35 (3964d)