FrontPage
InDesign

InDesign CS2

Update

このアップデートには、テキストとフォント、スクリプティング、インライングラフィック、InDesign 互換ファイル(INX)、ドイツ語のハイフネーション、XML、ライブラリファイル、パフォーマンス、QuickTime? 7.0 のサポート、印刷、SING グリフレット、EPS 書き出し、テキストの読み込みなどの分野についての重要な修正事項が含まれています。解決された問題の一覧は、Adobe InDesign CS2 4.0.2 ReadMe?.pdf ファイルをご覧ください。このファイルは、アップデートをインストールするとハードディスクの Adobe InDesign がインストールされているフォルダに保存されます。本インストーラには、新たな修正に加え 2005年 9 月にリリースされたオリジナルの InDesign CS2 4.0.1 アップデートの内容も含まれています。また、ルーマニア語、スロベニア語、クロアチア語、エストニア語、リトアニア語、ラトビア語、ブルガリア語の 7 つの中央ヨーロッパ言語のハイフネーションおよびスペルチェックサポートを提供する中央ヨーロッパ言語辞書のアップデート(2005 年 5 月リリース)も含まれています。オリジナルのアップデートをインストールした場合でも、新しい修正事項を有効にするために この 4.0.2 アップデートをインストールする必要があります。現在、辞書のアップデートおよび InDesign CS2 4.0.1 アップデートは、配布しておりません。

不具合

4.02アップデートで直らなかった問題

http://cgi.www5c.biglobe.ne.jp/~thats/study_bbs/study.cgi

より、(No.7891)

CIDフォントファミリーの認識は直ってるようですけど、

・縦組み時のタブリーダーの回転

・選択字形が字形パレットで表示されない

・フレームグリットで字間がフォントサイズ以上だと行取りがおかしい

直ってないですね。

InDesign CS2上で、他のアプリケーションからテキストをコピー、ペーストすると、ペースト先の異体字属性が適用され、文字が異体字に変換される

http://cgi.www5c.biglobe.ne.jp/%7ethats/yybbs/yybbs.cgi

より、(No.7103)

以前、このフォーラムで話題になりました(No.6962)、InDesign CS2上で、他のアプリケーションからテキストをコピー、ペーストすると、ペースト先の異体字属性が適用され、文字が異体字に変換される件に対応したPlug-inを作成しました。

この症状は、フォーマット無しでペーストに起因するものですが、いずれAdobe社により修復されるべきバグに相当すると言えますし、容易に作成できましたので、FreeWare?として公開します。ご自由にご使用下さい。

PasteText? Plug-in 1.0はAdobe InDesign CS2 J及びAdobe InCopy? CS2 J上で、テキストをフォーマットなしでペーストした際に、ペースト先の異体字属性を適用せずにペーストするPlug-inです。弊社のサイトにFreeWare?としてアップしてあります。

とのことです。L.C.S ウェブサイトは、
http://www.loyal.co.jp/gaiyou/l_group/LCS/LCS.html




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-10-05 (金) 02:39:19 (1897d)