資料

Quarkから書き出したPostScriptファイルからトンボ情報を読み取りTrimBoxを付加する

正しいTrimBoxが付いたPDFを作成したいとき使う。

ダウンロード > fileDTP@JP_QXTrimBoxV05.zip
ダウンロード(Quark8対応前のバージョン) > fileDTP@JP_QXTrimBox.zip

使い方

 ダウンロード後、zip圧縮を解凍し、Acrobat Distiller(4以降)のStartupフォルダに入れてください。
※Distiller4の場合、IdiomRecognition? をオンにする必要があります。参照 > Distiller 4 の IdiomRecognition?
 次回Distiller起動時から自動的にQuarkから書き出したPostScriptファイル中のトンボを検出するようになります。
 -IdiomRecognition?を使用して検出するのでQuarkのトンボにしか反応しません。
 -QuarkからPostScriptファイルを書き出すときは、トンボより大きい用紙を設定しておくこと。
 -用紙の回転指定は使用しないこと。

注意

Mac OS X環境では Distiller 4、5のStartupフォルダにアクセスするとフォルダ内に不可視ファイル.DS_Storeが生成され、次回Distiller起動時にエラーメッセージが表示されるので.DS_Storeの駆除方法を勉強してから使用すること。

免 責

無保証です。

更新履歴

2008.08.20 version 0.2Quark 8対応版 Ver0.3 をアップしてみた。Quark8のPostScriptでは断ち落とし8.504pt=約3mm、製版余白23ptになるようにした(8より前では従来のver0.2の仕様のまま9ptと33pt)。
2008.08.23 version 0.4 Quark8からトンボを付加して書き出したEPSに反応してしまいPostScriptエラーになってしまう問題を回避してみた。
2008.08.29 version 0.5 Quark8からトンボを付加して書き出したEPSを張り込んでトンボ無しでプリントダイアログからPostScriptを書き出したとき、サイズが異常になる問題対策を追加してみた。

付 記

2008.08.29 QuarkXPress 8から、Distiller(等)でPDFを作るためのPostScriptを作るなら、プリントダイアログから作るより、QuarkXPress 8.0の環境設定>PDFのワークフロー>PostScriptファイルを一時作成で、ファイルメニュー>書き出し>PDFすると、ちゃんとPDFにTrimBoxを埋め込むPostScriptができるので、無駄な物を作ってるような気がしなくもない ^^;




添付ファイル: fileDTP@JP_QXTrimBoxV05.zip 1240件 [詳細] fileDTP@JP_QXTrimBox.zip 1162件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-14 (火) 18:43:40 (891d)