問7 文字組版

 次の文の[ ]の中の正しいものを選びなさい。

●柱・ノンブル

 文字組版ソフトやワープロソフトなどには、「字取り組み」という組み方がある。人名簿などの氏名、項目名などの字数がいろいろあるものを、一定の組み幅に揃えて組むことをいう。
最も字数の多いものに組み幅が決められることが多い。伝統的には[ 33 : ①4・6・8・10字取り ②5・7・9・11字取り ]など、処理の便宜上から一般に[ 34 : ①偶数字取り ②奇数字取り ]が行われてきた。これは、字間アキ量に端数が出やすい字取りが避けられてきたといえる。

 和文組版での「字取り組み」とは、定められた組み幅に文字を均等に分割配置することを言う。アキの総量を字間数で割った値が、個々の字間アキ量になる。

 たとえば、7字取りでは人名が5字の場合に5分あき(1/5 em)を生じるが、その他の2字から5字については半角アキや全角アキの処理になる。

 一方、省略語句の用法について考えてみると、欧文組版では省略語句が多い特徴がある。省略語句の用法は和欧混植組版に共通である。語句の省略はすでに固定化されたものがあり、自己流は通用しないものである。正しい使用法を認識することが重要である。

 たとえば、月名や曜日を省略した場合には、必ず[ 35 : ①ハイフン ②ピリオド ③アポストロフィー ]をつける。また、単位を表わすポンド(pound)はlb、オンス(ounce)は[ 36 : ①on ②oce ③oz ④oun ]などと省略し、[ 37 : ①常に複数なのでsを付ける ②複数の場合はsを付ける ③複数でもsを付けない ]。

 午前、午後を表わすエーエム(ante meridiem)やピーエム(post meridiem)は、基本的に[ 38 : ①小文字 ②大文字 ]を使い、ピリオドを[ 39 : ①つける ②つけない ]。

参考URLなど

2ちゃんねるで提案された回答案


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS