[[第33期DTPエキスパート認証更新試験問題/11]]

#navi(第33期DTPエキスパート認証更新試験問題)

*問11 AdobePDF Print Engine [#bc11bc27]


*参考URLなど [#qea3e345]

[[32期更新試験まとめその1:http://avfx.blog76.fc2.com/blog-entry-1.html]]
[[第32期DTPエキスパート認証更新試験/7]]
[[DTPエキスパートカリキュラム 2.1.6.2 PDF/X:http://www.jagat.or.jp/expert/curiclum/curr2_1.htm#m216]]
[[PDF/X-4による入稿の手引き(pdf):http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/jp/special/creativesuite/portal/pdf/pdfx4_16p_web.pdf]]
[[PDF/X-4とAdobe PDF Print Engineで変わるPDFワークフロー:http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=10792]]
*2ちゃんねるで提案された解答 [#gaa02ba7]

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1220117902/930

>930 名前: 氏名トルツメ  Mail: sage 投稿日: 2010/03/19(金) 22:13:50  
>AdobePDF Print Engin
>107:×
>108:×
>109:○
>110:○
>111:○
>112:○
>113:○
>114:×

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1220117902/936

>936 名前: 氏名トルツメ  Mail: sage 投稿日: 2010/03/20(土) 12:45:56  
>【AdobePDF Print Engin】
>107:×[〜修正する手間が発生する]
>108:○[〜RIPで処理することになる]
>109:×[〜同様に処理が可能である]
>110:○[〜互換性は保証されている]
>111:○[〜制限が発生する]
>112:×[〜処理が出来ない]
>113:○[〜処理を行わなければならない]
>114:×[〜効かせることができる]
>
>->>930さんとは108、109、112が異なりました。
>108と109はソースを失念しましたが問題文の通りだったと記憶しています。
>112はttp://www.jagat.or.jp/expert/curiclum/curr2_1.htm#m216によると、
>透明機能の正式なサポートはCS3となっています。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1220117902/965-966

>965 名前: 氏名トルツメ  Mail: sage 投稿日: 2010/03/22(月) 14:31:10  
>->>930さん
>->>936さん
>【AdobePDF Print Engin】で悩んでいます。
>答えが誤り(×)の文章の誤りの部分を指摘してもらえませんか?
>例えば、1.JIS→ISO、6.CS4→CS3 など。
>他はさっぱりわかりません。

>966 名前: 氏名トルツメ  Mail: sage 投稿日: 2010/03/22(月) 16:27:18  
>【AdobePDF Print Engin】
>解釈が難しいですね・・・
3>.「〜同様に処理することができる」
>彼のいたOutlinePDFを吐き出すRIPはPS、EPSの処理ができずに処理系統が2つに分かれている。最新バージョ>ンはOK?
>富士の方は完全に一本化してるし・・・
>ttp://ffgs.fujifilm.co.jp/contents/xmf/discussion.html
答えを公表しないで全てJAGATの解釈で行われていると思うとと毎回思うよ

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1220117902/968

>968 名前: 氏名トルツメ  Mail:  投稿日: 2010/03/23(火) 01:15:06  
>->>930,936
>【AdobePDF Print Engin】
>110:×[〜互換性は保証されている]
>ではないかと思います。
>ソース
>ttp://www.jagat.or.jp/expert/curiclum/curr2_1.htm#m216
>AdobePDF Print Engineであっても、アプリケーションと同様に
>受け取るサイドが同じコアでなければ、RIP結果の互換性は保証できない。

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1269619201/11

>11 名前: 氏名トルツメ  Mail:  投稿日: 2010/03/29(月) 12:11:06  
>->>9さん
>Adobe PDF:110×・112×
>ttp://www.jagat.or.jp/expert/curiclum/curr2_1.htm
>の「2.1.6.2 PDF/X」に載っているので間違いないと思う。

*まとめ(2010/3/30時点) [#rd3ed212]
氏名トルツメさんたちの努力の結晶のまとめです。
しかしこれは正解や合格を確約するものではありません。使用は自己責任で。

>107:×[PDF/Xは〜修正する手間が発生する]
>108:?[Adobe PDF Print Engineは〜RIPで処理することになる]
>109:?[Adobe PDF Print Engineは〜同様に処理が可能である]
>110:×[CTPの〜互換性は保証されている]
>111:○[PDF/X-1a運用に〜制限が発生する]
>112:×[PDF/X-4は〜処理が出来ない]
>113:○[EPSや〜処理を行わなければならない]
>114:×[現行の〜効かせることができる]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS