DTP Transit

第188回バンフーセミナー「お客様を惹きつけ、効果を上げるチラシ作成のためのデザインやレイアウトの基本」が終了しました

2017年7月19日(水)、ベルサール神保町で第188回 バンフーセミナーが開催され、『お客様を惹きつけ、効果を上げるチラシ作成のためのデザインやレイアウトの基本』をテーマに、鷹野 雅弘(スイッチ)が出演しました。

アンケート回答のお願い

ご参加いただいた方は、ぜひ、アンケートへの回答をお願いします(スライドなどをお送りします)。

アンケートの回答期限は、7月24日17時です(セミナーの感想などをフィードバックいただきたいので、アンケートにはセミナーに参加された方のみご回答ください)。

お詫びと訂正

「現在、オンデマンド印刷でも裁ち落としが可能」とご指摘いただきました(ご指摘、感謝です!)。

質問

いただいた質問とその回答です。

Pinterestのほかに紹介されたいたアプリはなんですか?

Emberというものなのですが、現在、新規には入手できなくなってしまいました。

これだけネットが普及して、いろいろググってもわからない場合はいかがすればいいでしょうか。

次のような方向が考えられます。

  • このようなセミナー時に質問を持ち込む(講師や、隣り合った人に話題として振ってみる)
  • 社内勉強会を開く
  • プライベートレッスンや社内に講師を招く
  • ブログやSNSで「ここがわからない」と書いてみる

たいていの場合、ことばだけで説明してもわからないことが多いです。データを持参して、または、明確にわかるように「ここなんだけど…」と聞くとよいでしょう。

リンク集

セミナー内で紹介した書籍などを、リストアップしておきます。 ★★★を付けたものは、大プッシュでオススメです。

セミナー内で取り上げた書籍です。

フォント関連

見本帳

自分で集めるには限度があるので、見本帳の類は、集めておくとよいでしょう。最新版である必要はありません。

書籍名には「見本帳」のほか、「スタイルブック」のようについています。

見本帳(テキスト関連)

キャッチコピー

キャッチコピーには「型」のようなものがありますので、それを元に作っていくのがオススメです。

その他の書籍

撮影、写真関連

ネタ帳としてのPinterest

使い方などについて

その他

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

Illustratorのパターンのスキマ問題

Illustratorでパターンを作成し、Photoshopにスマートオブジェクトとして配置したとき、パターンにスキマ(継ぎ目)が生じることがあります。

解決方法

結論からいうと、[分割・拡張]→ パスファインダー:合流を実行することで解決します。

  1. [オブジェクト]メニューの[分割・拡張]をクリック

  2. [分割・拡張]ダイアログボックスが表示されるので、[OK]ボタンをクリック

  3. [パスファインダー]パネルの[合流]をクリック

アウトラインモードで確認すると、一目瞭然です。

アクション

この一連の操作はアクションに登録できます。その際、[分割・拡張]ダイアログボックスが表示をスキップするようにダイアログボックスボタンをクリックして非表示にしておきます。

種明かし

Illustratorのパターンは、次のようなユニットをタイリング(縦方向・横方向に繰り返し)しています。正確には、最背面にある、塗りと線のない正方形が基準になります。

Illustratorのドキュメント上で四角形同士の間にスキマが出てしまっても、単純に描画上だけの問題ですが、Photoshopに持ち込むと、スマートオブジェクトといえど、ピクセルグリッドに合致しない箇所でスキマが生じてしまうことがあります。

ご参考

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

InDesignの表で、セル内にアンカーオブジェクトを入れるのは危険

今月はInDesign不具合祭りです。……というくらいに毎回不具合を出しているわけですが。ええ今回もそうです。

ということでタイトル通りなわけですし、表組を長く利用している人にとってはある意味今までずっと起きていた話のはずなんですが、改めて掘り起こしてみます。



実はInD-Boardにちょっと前に書かれた前の件と同じだったりしますが。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

弊社製品カタログダウンロード

弊社全製品&サービスのカタログをダウンロードできる
専用サイトを用意しました。
ぜひご活用ください。

カタログダウンロード:

会社名などの情報は記名せずともダウンロード可能です。

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

works014

各種記号とコード、文字クラス

ちょっと時間が出来ましたので、以前から作成して利用していた自分用の覚え書きメモを改訂したので、ついでと言ってはなんですけど、ここに公開しておきます。 (画像だけで、テキストは特にありません…悪しからず…) ※キー配列などはMac USキーボードでのものです*1 ※画像はクリックしていただくと別窓に拡大表示されます ●元ファイルのデータを左右A4サイズまで拡大しpdf化したモノ(天地位置はテキトーです)  → ハイフンなどのマッピング.pdf *1:キーボードに依存するかどうかはわかりません ...

by works014 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

AED-LABO第22回 実験テーマ「Illustratorの作図機能をあらめて深掘りしてみよう」がおもしろすぎる

愛媛県松山市で活動されている「AED」が月一回くらいのペースで、YouTube公開生配信を行われています。

毎回実のある内容ですが、第22回 実験テーマ「Illustratorの作図機能をあらめて深掘りしてみよう」がおもしろすぎるのでご紹介します。

本編は13:30くらいから。

サマリー

内容については、@くろゆきさんのツイートを参照。必見です。

今後の配信

今後の配信については、Facebook、Twitter、YouTubeチャンネルなどをフォローされるとよいでしょう。

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

隔週金曜勉強会

Tweet             テーマは「DTP作業を効率化するTips」 Illustratorがメインの人もInDesignを使ってIllustrato […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

Illustratorでのキーボードショートカット、アクション、スクリプトに関してのまとめ

Illustratorでのキーボードショートカット、アクション、スクリプトに関して、改めてまとめてみました。

キーボードショートカット、アクションは、復元できるようにバックアップしておくとよいでしょう。

なお、アクションは、Illustratorがクラッシュすると、消えてしまうことがあるので、こま目にバックアップを取っておくこと。

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP・印刷用語集ブログ

GPN・グリーン購入ネットワーク

表記・読み

  • GPN(Green Purchasing Networks)…じーぴーえぬ
  • グリーン購入ネットワーク…ぐりーんこうにゅうねっとわーく

解説

GPNとは、Green Purchasing Networkの略で、グリーン購入ネットワークを意味します。(Purchase=購入)

グリーン購入ネットワークとは、グリーン購入を促進するために設立されたネットワークです。

GPN(Green Purchasing Networks:グリーン購入ネットワーク)ロゴ


グリーン購入ネットワークでは、広報活動や購入ガイドライン・データベースの作成、地域ネットワークの立ち上げなどによりグリーン購入の啓蒙活動を行っています。


グリーン購入に適した商品・資材などのデータベースはグリーン購入ネットワークが作成したデータベース「エコ商品ねっと」に掲載されています。

グリーン購入に適した印刷の用紙を調べる際は「エコ商品ねっと」を見ると良いでしょう。「エコ商品ねっと」では用紙の白色度・古紙パルプ配合量・資材が環境マーク(「エコマーク」など)に対応しているかどうかも調べることができます。

by 吉田印刷所 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTPの勉強会

【DTPの勉強会 第25回】資料頒布のご案内


DTPの勉強会 第25回の資料頒布を開始します。
ご希望の方は下記のメールフォームよりお申し込みください。

■概要
【DVD版】
収録内容:セッションの動画(mp4形式)・資料
 ※セッションの詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
フォーマット:Mac/Windowsハイブリッド
頒布価格:2000円(送料込)
お支払方法:銀行振込(手数料はご負担ください)
お届け方法:普通郵便

【ダウンロード版】
収録内容・頒布価格:DVD版と同じ

■お申し込み方法

こちらのメールフォームに必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
なお、過去の回(第3回〜)のDVDのお申し込みも同時に承ります。各回のDVD頒布をご希望の方は希望する回にチェックを入れてお申し込みください。各回の概要については「過去アーカイブ」をご参照ください。
お申し込み確認後、振込先を記載したお申し込み受付メールを送信させていただきますので、お振り込みをお願いいたします。複数回の頒布をご希望の方は合計金額のお振り込みをお願い致します。
入金確認後、郵送にてDVDを発送、もしくはダウンロードURLをご案内させていただきます。ある程度まとめて用意する都合上、お届けまでは7~10日程度のご猶予をいただきます。
※お預かりした個人情報は厳正に管理し、発送以外の目的では決して使用いたしません。

by DTPの勉強会(東京) at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

InDesgin CC 2015/2017で段落境界線+段落の背景色を併用するとクラッシュしやすい

というタイトルの事を今回は取り上げ。

とある設定を施すと、特定状態になった場合にクラッシュするというもの。
……しかし絶対にクラッシュするというわけでもないので、果たして何が厳密なトリガーになっているのかよくわかっていないという。

もやもやするものの、それなりに起こしやすいもののひとつのはず。



ちなみに「段落の背景色」はCC 2015から追加された新機能です。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTPの勉強会

【DTPの勉強会 過去回】資料頒布のご案内

DTPの勉強会では、過去に開催した回の資料頒布を行っております。
ご希望の方は下記のメールフォームよりお申し込みください。

■概要
収録内容:セッションの動画(mp4形式)・資料
配布形式:DVD(Mac/Windowsハイブリッド)・ダウンロード
頒布価格:500円〜(送料込)
お支払方法:銀行振込(手数料はご負担ください)
お届け方法:普通郵便

■開催内容と価格
開催内容と頒布価格は下記の通りです。リストに無い回は頒布を行っておりません。セッションの詳しい内容については右サイドバーの過去回バナーをご覧ください。

第25回(印刷用PDF・ショートセッション17/価格:2000円)
第24回(Photoshop・色補正/価格:2000円)
第23回(ショートセッション2016/価格:500円)
第22回(日本語組版/価格:2000円)
第21回(データ作成/価格:2000円)
第19回(デザイン本出版記念/価格:1500円)
第18回(AiとInDの便利機能/価格:2500円)
第17回(Illustrator/価格:2000円)
特別編・第4回(Glyphsハンズオン/価格:3000円)
第16回(ショートセッション2015/価格:2000円)
第15回(InDesign/価格:2000円)
第14回(Acrobat・Bridge/価格:2000円)
第13回(InDesign/価格:1500円)
第12回(製版・印刷/価格:1500円)
第11回(Photoshop/価格:2000円)
第10回(和欧混植/価格:2000円)
第9回(ショートセッション2013/価格:2000円)
第8回(カラーマネージメント/価格:2000円)
第7回(Illustrator2/価格:2000円)
第6回(タグ付きテキスト/価格:2500円)
第5回(欧文組版/価格:2000円)
第4回(Illustrator/価格:2000円)
特別編・第2回(InDesignとJavascript/価格:2500円)
第3回(文字コードとフォント/価格:0円・※単独頒布不可)

■お申し込み方法
こちらのメールフォームに必要事項を記入の上、お申し込み下さい。
なお、以前の回(第3回〜)のお申し込みも同時に承ります。各回のDVD頒布をご希望の方は希望する回にチェックを入れてお申し込みください。各回の概要については「過去アーカイブ」をご参照ください。
お申し込み確認後、振込先を記載したお申し込み受付メールを送信させていただきますので、お振り込みをお願いいたします。複数回をご希望の方は合計金額のお振り込みをお願い致します。
入金確認後、郵送にてDVDを発送、もしくはダウンロードURLをご案内させていただきます。ある程度まとめて用意する都合上、お届けまでは7~10日程度のご猶予をいただきます。
※お預かりした個人情報は厳正に管理し、発送以外の目的では決して使用いたしません。

by DTPの勉強会(東京) at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

セミナー開催情報:[Too x Adobeセミナー] いま知っておきたいウェブのいろは 〜すぐに役立つ基礎から最新トレンドまで〜

2017年7月27日[木] 15:00-17:30、The Gallery Too (株式会社Too本社3F、港区虎ノ門)で[Too x Adobeセミナー]いま知っておきたいウェブのいろは -すぐに役立つ基礎から最新トレンドまでが開催されます。

次のように記載されていますが、主なターゲットは「主にプリントメディアの制作に従事していて、ウェブ関連の動向をキャッチアップしたい方」です。

  • ウェブを基礎から見直したい方
  • コーディングはよく分からない・・という方
  • コミュニケーションをより円滑にしたい方
  • ウェブ最新トレンドを押さえておきたい方

SNS(Facebook、Twitter)

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

「Creativeセミナー」(主催:富士ゼロックス東京)での 『温故知新で振り返るIllustratorの進化』セッションが’終了しました

2017年7月4日、東京コンファレンスセンター・品川で開催された「Creativeセミナー」(主催:富士ゼロックス東京)にて、 『温故知新で振り返るIllustratorの進化』セッションを、鷹野 雅弘(スイッチ)、岩本 崇さん(アドビ システムズ)が担当しました。

Adobe Illustrator 30th Anniversary Celebration

30周年記念のベクトルアートは、Adobe Stockからダウンロードできます。

質問

当日、アプリ内でいただいた質問とその回答です。

IllustratorはMacBookのタッチバーには対応していますか? していない場合、これから対応予定はありますか?

現在対応していません。また、対応の噂も聞こえてきません(鷹野)。

岩本さんに聞いてみます。

以前は、IllustratorからPostScriptファイルを書き出し、Distillerを使ってPDF変換していました。Illustratorの[別名で保存]を使ってもまったく問題ないのでしょうか?

セミナー中に回答済みですが、

  • Illustrator CS以降、Illustrator内からのPDF書き出しが逆にベター
  • 「PostScriptファイル≒PDX/X-1a」。つまり、強制的に分解されてしまうので、逆に、「PostScriptファイル」経由は好ましくない。

最近、Illustrator向けのスクリプトが作られているようです。「これは便利!」というものを教えてください。

デモしましたが、このあたりをワークフローに組み込むとはかどります。

  • 改行ごとに、異なるテキストオブジェクトにする
  • 見た目通りを改行として、ひとつのテキストオブジェクトにする
  • すべての改行を削除する

 ダウンロード先などは下記をご覧ください。

せーのピッのピッはなんのボタンですか?

上記のスクリプトに対して、Keyboard Maestroを使って、キーボードショートカットを割り当てています。

macOSユーザーならSPAi、WindowsユーザーならAi Script Assistなどがあります。

スクリプトを実際に使う方法については、こちらにて解説しています。

昔のバージョン(8あたり?)であった、なんて読むのかわからない漢字を白いパレットにマウスで描くと検索してくれるような機能はCCにありますか?

ほかの方が答えてくださいました。

読むのかわからない漢字を白いパレットにマウスで描くと検索してくれる機能はAdobe CCとかCSでなくてインクラインプロセッサのATOKの手書き文字入力と言うものではないでしょうか。残念ながら最新のATOK 16でこの機能がなくなっていて私も困っています。

私も困っています。iPhoneやiPad用に同様のことを実現できるアプリがありますので、それを使いましょう。

GPUプレビューで作業すると薄白くなるんですがこれは設定の問題ですか?仕様でしょうか?CPUと同じ色表示にはできるんでしょうか?

GPUプレビューがオンのときに、もろもろの問題が出ることがありますので、その際には適宜オフと切り換えながら作業するのが現実的です。

仮装空間のパースにポスターやグラフィックをきれいに貼り付けられる方法を教えてください。 オブジェクトに合わせて画像データを自由に変形させて切り貼りしたいのですが、簡単なやり方があれば教えていただけますか? 特に円柱などがどうすれば綺麗にできるか知りたいです。

後送します。

鷹野さんはDTPもWebも最新バージョンでお仕事されていますか?

はい。

ただし、macOSのバージョンアップには慎重で、メインマシンでは、OS X El Capitan‎です。

新しいMacを購入してタイムマシンバックアップからアプリケーションを移行しましたがAdobe CCのアップデートが進まなくなってしまいました。現在の、Illustrator CCは、V17.0.0です。再インストールしないとダメでしょうか。

「タイムマシンバックアップからの移行」は一切使わない方がよいと考えています。

設定ファイル関連は、別途、組み込み直させるようバックアップしておきましょう。

なお、Creative Cloudアプリケーションのインストールは、ひと昔前では考えられないほど、短時間で行えますよ。

普段はPhotoshopを使っています。Illustratorでスウォッチのラインやドットを使って素材を作ると、隙間が空いてしまいます。隙間が開かないように出来ますか?

Illustratorでコピー、Photoshopに(スマートオブジェクトとして)ペーストされているとのことですが、ほかの方法を試してみてください。

  • Illustratorで[分割・統合]でバラバラのオブジェクトにしてから[パスファインダー(合流)]で隣り合ったオブジェクトを合体、それからスマートオブジェクトとしてペースト
  • IllustratorからPNGとして書き出してから配置
  • Illustratorドキュメントをそのまま配置

それでも解決しない場合、怪しいのはピクセルグリッド関連です。新規ドキュメントの作成時、また、オブジェクトがピクセルグリッドに整合されているかどうかなどをご確認ください。

調べて見ると、根強いですね。

質問(2)

アドビ岩本さんから回答いただきましたので、掲載します。

IllustratorはMacBookのタッチバーには対応していますか? していない場合、これから対応予定はありますか?

今は未対応ですが、鋭意取り組んでいますので、遠くないうちに対応致します。

運営会社が同じFotoliaを契約しているのですが、今後Adobe stockのようにライブラリで使えるようにならないでしょうか…?

残念ながらこちら予定はありません。Fotoliaの更新時等、Adobe Stockへの 移行をご検討ください。

たいへん古い話で恐縮ですが、たしかAdobe アトモスフェアといった3Dを扱う技術開発はどうなりましたか。VRMLなどの仕様が発表されたばかりの頃です。Windws環境で先行と発表されたきりその後の情報がありません。今後、3Dモデリング、動画などの制作環境を開発する予定ありますか。

3Dのモデリングは「Project Felix」という製品を現在開発中です。

現在英語版のみとなりますが、Creative Cloudのお客様は既にご利用可能です。まだベータに相当する製品ですが、こちら皆様からのフィードバックを得て、いずれ本製品となります。

また、動画の3Dに関してはご存じVRに注目が集まっていると思いますが、こちらにも対応をすべく、先日発表した内容がありますので、こちらを参考にしてください。

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

この手の出し方は結構好感

プロダクションだよね?(ページ物が多いのかな…)
https://www.tactsystem.co.jp


Website_image00290703_225626

https://www.tactsystem.co.jp/applescript/free_list.html

オマケ的ですが、『私達はこんな事出来ます』を
制作物以外で出して行くのは良いんじゃないかな?

中途の採用なんかで、興味のある人が来てくれそう…
(自動化への理解がある職場って、毎度ヤッツケ仕事な現場にいると気持ち動くもんね…笑)

この内容なら、ソース見せても良いような気がするけど…そこは、まぁ、会社だからね
ちゃんと、『もっと』な方は有料で…と商売もしてるし。
(割とこの手のアピールって言うのかな?私は好きだけど)

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.08 言語について

[文字]パネルにある[言語]の設定は、デフォルトでは「日本語」となっていますが、通常、和文組版をおこなう際にはとくに気にしていない方も多いのではないでしょうか(下図)。

しかし、欧文組版をおこなう際には、「英語:英国」や「英語:米国」など、その国の言語にあったものを選択する必要があります。ここで適切な言語を設定しておかないと、ハイフネーション処理や欧文スペルチェックが効かないからです。
なお、InDesignの英語のデフォルト辞書には「Hunspell」が指定されており、この辞書を利用してハイフネーション処理や欧文スペルチェックをおこなっています(バージョンCS5までは、英語用に「Proximity」という辞書のみがインストールされていましたが、CS5.5からは「Hunspell」が追加され、CS6からはデフォルト設定が「Hunspell」に変更されました)。

では、和文を組む際に、ところどころ出てくる欧文の単語をハイフネーション処理したい場合は、どうすれば良いでしょう。例えば、下図のようなケースだと、欧文単語がハイフネーション処理されていないため、1行目が間延びしてしまっています。

これは、[言語]が「日本語」になっているためです。そこで、「typesetting」の文字を選択して[言語]を「英語:米国」に変更します。すると、「Hunspell」の欧文辞書を利用して「typesetting」がハイフネーション処理されます(下図)。また、欧文スペルチェックも可能になります。

なお、[言語]の設定を欧文単語ごとに設定していては大変です。このような場合、和文テキストもすべて一緒に選択してから目的の[言語]に変更します。こうすることで、和文の[言語]は「日本語」のままで、欧文のみ[言語]を変更できます。
なお、Study Room other『No.06 正規表現を使って合成フォントのような表現を目指す』でご紹介したように、正規表現スタイルを使用すれば、欧文単語のみに異なる[言語]を設定するといったことも可能です。

※ユーザ辞書やダイナミックスペルチェック等に関しては、以下の内容も参照してください。
InDesign CS2『No.32 ユーザ辞書
InDesign CS2『No.21 ダイナミックスペルチェックと自動修正
InDesign 1.0『No.64 ハイフン


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

游明朝・游ゴシック・Yu Gothic・メイリオあたりを使ったPDFに気をつけろ(追記あり)

表題のフォントはWindows 10に含まれるもの、または、MS Office 2016にも含まれる(および2013/2010に互換用として提供される)フォントなんですが……特定の条件で頭の痛いことになるということがわかりましてですね。

ちなみに問題としては、PDFというよりもInDesignだったりします。それも特定バージョンの。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

隔週金曜勉強会

Tweet             テーマは「DTP作業を効率化するTips」 今回は「InDesignの表組をマスターしよう-その3」 Illustrator […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

Adobe Creative Stationの連載「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」にて公開した配置画像編の補足

Adobe Creative Stationで鷹野 雅弘(スイッチ)が連載している「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」で公開された「埋め込み?リンク?ビットマップ画像の配置と、配置した画像の二次利用」の記事の補足です。

ワークフロー図

画像の埋め込み

したたか企画さんから。

スクリプト

配置画像の回転角度などをリセットするには、こちらのスクリプトが有用です。

選択した画像の形状を画像本来のサイズでリセットするスクリプトです。拡大・縮小以外にも、回転角度もリセットすることが可能です。グループやマスクされた画像にも対応してあります。

こちらのスクリプトも重宝します。

DTP Transit内のリンク

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.13 Capture CC 2.6.2

2017年6月22日に、iOS用のバージョン2.6.2のアップデートが配布されました。このアップデートでは、[シェイプ]の機能に[自動クリーンアップ]ボタンが追加されました。
このボタンを使用することで、高コントラストの画像からシェイプを作成する際に、不要な細かい線を自動で取り除くことができるそうです。まず、カメラモードで目的のモノを表示します(下図)。

ちょうど良い位置やサイズになったら、画面上をタップして静止させ、[自動クリーンアップ]ボタン(下図赤丸部分)をタップすると、画像をキレイな状態にクリーンアップしてくれます。

また、カメラモードで撮影中に、ズームしてシェイプの細部を確認することもできます(下図)。

他にも、64ビットデバイス(iPhone 5S以降、およびiPad Air以降のデバイス) の場合、ベクター画像がより精細に描画され、高画質でなめらかなシェイプを表示、操作することができるようになったそうです。

さらに、iOS 10の高色域サポートにより、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPad Proでのカラーの色再現力がアップしており、テーマからより多くの色を選択、使用することができるそうです。

なお、Capture CCはAppleの最新テクノロジーであるMetal API(3DコンピューターグラフィックスAPI)を活用しているため、iPhoneとiPadの32ビットモデル (iPhone 5S以前とiPad mini 1以前)では、2017年夏まででアップデートの提供が終了するそうです。それ以降も、これらのデバイスでCapture CCを使用できますが、アップデートは64ビットモデルのデバイスに対してのみ配信されるそうです。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

No.07 スタイルのオーバーライドについて

段落スタイルや文字スタイル等、InDesignを使いこなすうえでスタイル機能は重要です。しかし、意外と知られていないのがオーバーライドの動作です。今回は、スタイル機能のオーバーライドについて見ていきたいと思います。
まず、「A」という名前の段落スタイルを適用したテキストを用意しました(下図)。

このテキストの「窮屈」という文字に下線を設定します。すると、段落スタイル「A」に+記号が表示され、オーバーライド(選択しているテキストと段落スタイルの設定内容に違いがある状態)になります(下図)。当たり前ですが、「下線」という書式属性が追加されたために、オーバーライド状態になったわけです。

今度は、「意地」という文字にモノルビを設定してみます。オーバーライド状態にはなっていません(下図)。

では今度は、モノルビからグループルビに変更してみましょう。すると、オーバーライド状態になっているのが分かります(下図)。

試しに、option(Windowsではalt)キーを押しながら段落スタイル名をクリックして[オーバーライド消去]を実行すると、「意」という文字だけにモノルビがふられてしまいます(下図)。つまり、段落スタイル「A」は、モノルビをベースとしたスタイルになっているということです。

次に「情」という文字を異体字の「情(右下が円)」に変更してみます。すると、オーバーライド状態になります(下図)。

この時、[情報]パネルを見てみると、「Unicode:0x60C5」「OTF:aalt(1) ccmp」と表示されています(下図)。

では、option(Windowsではalt)+クリックして、オーバーライドを消去してみましょう。すると、文字は元の「情」に戻ります(下図)。

[情報]パネルを見てみると、「Unicode:0x60C5」「OTF:liga ccmp」と表示されています(下図)。「情」と「情(右下が円)」はどちらも同じUnicode番号ですが、「OTF」の情報が異なるのが分かります。ちなみに、「aalt」とは「Access All Alternates」の略で、全ての異体字にアクセスするという意味のタグとなりますが、「情(右下が円)」という文字は「情」に異体字情報のaalt(1)を付与することで表示されていました。そのため、オーバーライドを消去することで異体字情報のaalt(1)が消去され、親文字である「情」に戻ってしまったというわけです。

では今度は、「高」という文字を選択してみます。[情報]パネルを見てみると、「Unicode:0x9AD8」「OTF:liga ccmp」と表示されています(下図)。

[字形]パネルから「はしご高」に変更してみます。すると、オーバーライド状態になっているのが分かります(下図)。

この時、[情報]パネルを見てみると、「Unicode:0x9AD9」「OTF:ccmp」と表示されています(下図)。

では、option(Windowsではalt)+クリックして、オーバーライドを消去してみましょう。このケースの場合、文字は「はしご高」のままで、オーバーライドも消去されました(下図)。

[情報]パネルを見てみると、「Unicode:0x9AD9」「OTF:liga ccmp」と表示されています(下図)。

このケースの場合、文字じたいは変わりませんが、オーバーライドは消去されました。なお、オーバーライド消去により、どのような情報が消去されたのかは、実行前に段落スタイルにマウスオーバーすると分かります。下図では、[欧文合字]と[前後関係に依存する字形]が消去されるのが分かります。

なお、「情」のケースと異なって、オーバーライド消去しても字形が戻らなかったのは、[字形]パネルで文字を置換した際に、置換前と置換後のUnicode番号が異なっていたからです。「高」のケースでは、0x9AD8から0x9AD9に変更されています。

ここでお伝えしたいのは、「見た目の文字は同じでも内部的には同じ文字ではない」といったケースがあったり、「オーバーライド消去することで文字が変わることがある」ので注意が必要ということです。
なお、CC 2015.3からは[スタイルオーバーライドハイライター]ボタン(下図赤丸部分)をクリックすることで、オーバーライド部分をハイライト表示できるので、ちょくちょくチェックするようにすると良いでしょう。詳細は、InDesign CC 2015『No.16 スタイルのオーバーライドマーカー』を参照してください。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

第42回勉強会終了報告

2017年5月27日(土)、「第42回勉強会」が名古屋のウインクあいちで開催されました。今回は、当勉強会ではおなじみの3人の、それぞれ実用性の高い内容でした。
Session 1は、Adobeソフトウェア関連のセミナーで全国を飛び回る、大倉照結さんによる、Creative Cloudの意外と知られていない実用テクニックや機能の紹介。
Session 2は、DTPオペレーター・イラストレーターとして活躍しつつ、DTPやデザイン関連の記事やブログの執筆で有名なhamkoさんによる、イラスト制作に役立つIllustratorのテクニックと機能の紹介。
Session 3は、昨年発売された『デザインのバリエーションや代案をくださいと言われてももう悩まない本。』の著者で、グラフィックデザイナーの樋口泰行さんによるレイアウトのテクニックや発想法に関する講演でした。

Session 1:イマドキ風!Creative Cloudアプリの使いどころ
スピーカー:大倉 照結 氏

ほぼすべてのCreative Cloudアプリに精通しているようにも思えるほど、幅広い守備範囲で毎回驚きを与えてくれる大倉さん。今回のSessionは、昔からAdobe製品を使用している人ほど知らなかったり、意外性を感じる内容だったのではないでしょうか。
簡単な自己紹介から入り、まずはCreative Cloudの基本的な情報の紹介。近年はモバイル用のアプリも増え、Creative Cloudを構成するアプリの数は数十になるが、アプリのアイコンは、デスクトップ用が四角、モバイル用が角丸のデザインになっているという見分け方を紹介。そして、Creative Cloudのアプリと機能は「仕事用」「プライベート用」それぞれに適したものがあり、使い分けると便利だと言います。
まず「データ送信編」では、仕事用のデータをファイルストレージ機能を使って共有する方法を紹介。次に「データ送信・校正」としてAcrobatの機能でサーバー共有→校正の流れをモバイルアプリで簡単に行う方法を、iPhoneを使ってデモ。「素材作成」ではCapture CCでパターン作成、「ページ作成」としてComp CCでデザインカンプの作成、「SNS活用」では、Spark、Post、Videoを使用したフォトブックや動画を作成、そして「飲み会ネタ」として使える自撮りアプリに使えるPhotoshop Fixなどの紹介がありました。
その他に、Photoshopを使用した簡単な「画像の引き延ばし方法」といった便利技の紹介もありました。
Creative Cloudは単体では完結せず、「クラウド」という言葉への苦手意識を持たずに、色々試しながら自分にとって便利な組み合わせを見つけることがお勧めということで、Sessionを終えました。

Session 2:イラスト制作のためのIllustrator ベクターでもっと自由に描いてみよう
スピーカー:hamko 氏ham factory

今回のSessionは、今年のpageで好評だったセミナーの改訂版で、名古屋では初めての講演内容とのこと。イラストを使いたいけれども時間や予算がない場合、自分で描くためのテクニックを紹介していただきました。
まずは自己紹介として、保育施設内の内装用イラストや『+Designing』誌でのカレイドインキのサンプル用イラストなどの事例を紹介。Illustratorを使用してのイラスト制作のポイントとして「パーツ単位で考え、パズルのように組み合わせる」「パーツの仕組みを考える」ことが挙げられるとい言います。そのパーツを作るうえで、役に立つツールが「ブラシ」であり、「散布ブラシ」「アートブラシ」「パターンブラシ」の3種類のブラシの特徴や使いどころを紹介。事例となるイラストデータのそれぞれの部品をどのようにして制作したかを、デモを交えて説明されました。作成したパーツを、ブラシとして登録することで、汎用性があり直しに強いデータが制作できるため、作業効率が上がるとのことでした。「複雑なもの」としてぬいぐるみの毛並みや、クラゲの触手、フリルの装飾なども「どのようにパーツに分解して」「ブラシを活用して、簡単に描くか」を説明されました。これらの複雑なものも、単純なパーツの組み合わせで構成されているため、イラストが苦手でも、トライしてみたくなるようなテクニックでした。
さらに、今回は名古屋での講演とのことで、しゃちほこのイラストをアナログ風なタッチで描く方法も披露されました。

Session 3:同素材から多くのデザインバリエーションを生み出す考えかた
スピーカー:樋口 泰行 氏(有限会社樋口デザイン事務所代表)

デザインのバリエーションや代案をくださいと言われてももう悩まない本。』(エクスナレッジ刊)や+Designingの特集記事で、レイアウトデザインのバリエーションを多く作る考え方を披露された、グラフィックデザイナーの樋口さん。
まずは、「なぜ複数案を作るのか」として「デザインの方向性を探る」「ターゲットや目的などを知る」「客観的に見る」「デザインを言語化する」という意味があり、それらは「クライアントと直接打ち合わせができない場合」や「メールのやりとりだけで仕事が完結してしまう場合」など、ほとんどのデザイナーであれば直面しているであろう、現実的な問題への対処法になるといいます。
サンプルとして用意された「キッチン雑貨店のフライヤーを制作する」という事例で、まずはフライヤーで使用される素材(イメージ写真・商品写真・文字要素)を提示。ここからバリエーションを作っていく方法として「レイアウトをアレンジ」「文字をアレンジ」「色や配色をアレンジ」「装飾を加えてアレンジ」という4つの考え方があり、実際にどのようなレイアウトが可能かを、完成されたデザインで紹介されました。それぞれ「イメージ写真を大きく見せたい場合」「複数の写真を見せたい場合」「文字をアレンジする場合」など目的別に、サンプルを紹介しながら、どのようなことに気をつければよいのか、や単調にならないためのコツなど、デザイン制作において実用的な考え方を、DTPのTipsなどを交えながらわかりやすく説明されました。
「さいたまDTP勉強会」で、このサンプルを使用したワークショップを開催したところ、50人が参加し、同一素材で100パターンのレイアウトができたとのことです。2017年9月27日にも、デザインバリエーションのワークショップを行うそうです。

レポート:加納 佑輔


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

AmazonでCreative Cloudのオンラインコードが36%引き

2017年6月30日 (金) 23時59分まで、AmazonでCreative Cloudが実質36%引きになっています。

現在、20%OFFになっていますが、購入時にクーポンの欄に「ADBCPN5POFF6」を入力することで、さらに20%OFFになります。

コードの有効化

入手したオンラインコード(引き換えコード)を有効化(プロダクトキー認証、アクティベート)するには、こちらのページを開きます。

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

mottainaiDTP

大阪DTPの勉強部屋でInDesignのことも。

告知・その2です。 先に告知した<a href="http://mottainaidtp.seesaa.net/article/451204397.html" target="_blank">大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】</a>の前日である2017年7月15日(土)に、大阪DTPの勉強部屋・26回勉強会に登壇します。タイトルは『もうちょっとラクしたい人のための「検索/置換」つかいこなし術[拡大版]』。InDesignに関するものです。 内容はINDD2016でお話ししたものがベースになっています。あの時は45分(40分でしたっけ?)という短い時間だったので話を思い切り圧縮せざるを得なかったのですが、今回は倍以上のお時間をいただけたので詳しくお話ししたいと思います。あの時はお話しできなかった情報も追加しますので、INDD2016に参加された方もぜひよろしくお願いします。 なお、文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)による『見ているのに見えていないデジタルの文字』というセッションもあります。今年のPAGEで大好評だったものの拡大版とのこと。ものかのさんのお話はとても分かりやすくて文字に関する混乱を丁寧に解きほぐしてくれます。DTPやWebに携わる方なら、一度はお聞きになっておくべきだと思います。 お申し込みは http://www.osakadtp.com/?p=3440 から。よろしくお願いします。 <a href="http://www.osakadtp.com/?p=3440" target="_blank"><img border="0" alt="InDesign CCScreenSnapz004.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/InDesign20CCScreenSnapz004-thumbnail2.png" width="530" height="375"></a><a></a>告知・その2です。

先に告知した大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】の前日である2017年7月15日(土)に、大阪DTPの勉強部屋・26回勉強会に登壇します。タイトルは『もうちょっとラクしたい人のための「検索/置換」つかいこなし術[拡大版]』。InDesignに関するものです。

内容はINDD2016でお話ししたものがベースになっています。あの時は45分(40分でしたっけ?)という短い時間だったので話を思い切り圧縮せざるを得なかったのですが、今回は倍以上のお時間をいただけたので詳しくお話ししたいと思います。あの時はお話しできなかった情報も追加しますので、INDD2016に参加された方もぜひよろしくお願いします。

なお、文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)による『見ているのに見えていないデジタルの文字』というセッションもあります。今年のPAGEで大好評だったものの拡大版とのこと。ものかのさんのお話はとても分かりやすくて文字に関する混乱を丁寧に解きほぐしてくれます。DTPやWebに携わる方なら、一度はお聞きになっておくべきだと思います。

お申し込みは http://www.osakadtp.com/?p=3440 から。よろしくお願いします。

InDesign CCScreenSnapz004.png

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】に登壇します。

告知・その1です。 2017年7月16日(日)に<a href="http://www.osakadtp.com/glyphs2017/" target="_blank">大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】</a>に登壇します。 フォント作成ツールGlyphsを既に使っている方はもちろん、「これから使ってみたい」「ちょっと興味がある」という方にもきっと楽しんでいただける1日になると思います。ぜひともご参加ください。 英MonotypeのタイプデザイナーでありGlyphsの日本語ローカライズ、「ハンドブック」の日本語訳を手掛けている大曲都市さん(@Tosche_J:http://tosche.net/)のお話を日本で聞ける機会はめったにありません。文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)も登壇します。私自身、お二人のお話を聞くのが楽しみでたまりません。 お申し込みは http://www.osakadtp.com/glyphs2017/ から。Glyphsの楽しさを知って、Glyphs仲間になってくれる方が増えると嬉しいです。 <a href="http://www.osakadtp.com/glyphs2017/" target="_blank"><img border="0" alt="0625a.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0625a-thumbnail2.png" width="530" height="411"></a><a></a>告知・その1です。

2017年7月16日(日)に大阪DTPの勉強部屋【Glyphs勉強会】に登壇します。
フォント作成ツールGlyphsを既に使っている方はもちろん、「これから使ってみたい」「ちょっと興味がある」という方にもきっと楽しんでいただける1日になると思います。ぜひともご参加ください。

英MonotypeのタイプデザイナーでありGlyphsの日本語ローカライズ、「ハンドブック」の日本語訳を手掛けている大曲都市さん(@Tosche_J:http://tosche.net/)のお話を日本で聞ける機会はめったにありません。文字っ子の神さま・ものかのさん(@monokano:http://tama-san.com/)も登壇します。私自身、お二人のお話を聞くのが楽しみでたまりません。

お申し込みは http://www.osakadtp.com/glyphs2017/ から。Glyphsの楽しさを知って、Glyphs仲間になってくれる方が増えると嬉しいです。
0625a.png

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ajabon

InDesign:等間隔で分布のプリセット的なスクリプト

現場からのリクエスト物ですけど。 整列パネルの「等間隔に分布」に定型の「間隔を指定」してけっこうかなりすごく使うんだけど、 いちいち数値の出し入れがめんどい。ごもっとも。ごもっとも。 でスクリプト書きました。 id_di […]

by AJABON GRINSMITH at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.06 正規表現を使って合成フォントのような表現を目指す

InDesignには、「かな」や「欧文」に異なるフォントを指定できる「合成フォント」という機能が用意されています。[書式]メニューから[合成フォント]を選択すると、[合成フォント]ダイアログが表示されるので、新規で合成フォントを作成し、下図のように目的に応じて各項目を設定すればOKです。ちなみに、下図は「A-OTF リュウミンPr6N R-KL」のベースフォントに対し、[半角欧文]と[半角数字]に「Garamond Premier Pro regular」を指定し、[サイズ]や[ベースライン]を調整したものです。
なお、合成フォントの各文字種に、それぞれどのような文字が含まれているかは、NAOIさんのサイトで詳しく解説されています。
http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20091111/1257923050

あとは、フォントメニューからこの合成フォントを指定すれば良いのですが、合成フォントを使っていると「ドキュメントを開くたびに、合成フォントの複製が増えていく」「ドキュメントを開くと合成フォントがきちんと読み込まれない」」等、問題が起きるという話もよく聞きます。そこで今回は、合成フォントを使わずに、「正規表現スタイル」の機能を使って「欧文」に任意のフォントを指定する方法を考えてみたいと思います。なお、必ずしもこの方法がベストというわけではなく、こんな方法もあるということで覚えておいていただければと思います。
まず、「A-OTF リュウミンPr6N R-KL」を使用したテキストに対して段落スタイルを作成しておきます。ここでは「A」という名前の「段落スタイル」を作成しました(下図)。

次に「欧文」のテキストに対して適用する文字スタイルを作成します。ここでは「Garamond Premier Pro Regular」を指定し、さらにサイズと位置を調整するために、[垂直比率]と[水平比率]を「112%」、[ベースラインシフト]を「0.2H」、[言語]を「英語:米国」としました(下図)。
なお、[ベースラインシフト]の値は、その文字サイズに対して何%ぐらい上下させるかを計算して算出してください。また、[言語]にも目的のものを指定しておくのがお勧めです(スペルチェック等が可能になります)。

この設定を「文字スタイル」として保存しておきます。ここでは「欧文用」という名前で登録しました(下図)。

段落スタイル「A」をダブルクリックして[段落スタイルの編集]ダイアログを表示させたら、左側のリストから[正規表現スタイル]を選択し、[新規正規表現スタイル]ボタンをクリックします。そして[スタイルを適用]には、先程、作成した文字スタイル「欧文用」を指定します。さらに[テキスト]には、欧文部分をヒットさせるための正規表現を記述します。
ここでは、まず[テキスト]に
 [0-9a-zA-Z]
と記述しました(下図)。

このように記述することで、0から9までの数字とAからZまでの大文字と小文字がヒットし、文字スタイルが適用されます(下図では分かりやすいように文字スタイルが適用された部分にマゼンタのカラーも設定しています)。
※[☆-★]のように記述すると、☆から★までのユニコード番号の文字がすべてヒットします。なお、[テキスト]のポップアップメニューから指定できる正規表現の一覧は、市川せうぞーさんの以下のサイトを参照されることをお勧めします。
http://www.seuzo.jp/st/Other/InDesign_regex.html

しかし、実際にはこのままではうまくありません。ドットやカンマ等の約物や記号類の文字はヒットせず、指定した欧文フォントが適用されないからです。これらの文字を追加するには、いろいろな正規表現の記述方法があります。例えば、ドットとカンマ、ハイフンを追加したのであれば、
 [0-9a-zA-Z.,-]
のように記述していってもかまいません。でも、数が多いと面倒ですよね。そこで、ここではユニコード番号を指定して設定してみることにしますが、その前にInDesignの合成フォントの各文字種に、それぞれどのような文字が含まれているかを確認しておきましょう(下図)。青く色が付いている文字が、合成フォントを指定した際に、[半角欧文]と[半角数字]で使用される文字です。ちなみに、フォントには「Garamond Premier Pro Regular」を使用しています。

まずは、青く色が付いている最初の文字u+0020と最後の文字u+25CAの範囲を指定してみましょう。
 [\x{0020}-\x{25CA}]
のように記述します(下図)。

すると、適用したくない文字にも欧文フォントが当たってしまっているのが分かります(下図)。指定した範囲のコード番号には、欧文フォントを適用したくない文字もあったということです。

そこで、今度は下図のように指定してみました(下図)。
 [\x{0020}-\x{00B0}]
 [\x{00B2}-\x{00D6}]
 [\x{00D8}-\x{00F6}]
 [\x{00F8}-\x{02DD}]
 [\x{0020}-\x{25CA}]
 [–‚„•‹›⁄€™∆∏∑≈≤≥◊]

最終行の設定は、コード番号の範囲を指定せず、実際の文字を入力しています。なお、どの文字を欧文フォントとして使用したいかによって、この設定内容は変わってくるので注意してください。

この設定では、合成フォントの[半角欧文]と[半角数字]が適用される文字よりも多くの文字に欧文フォントが適用される内容となっていますが、おおむね思い通りに設定できました(下図)。

しかし、まだこれでOKではありません。次は、引用符を設定したいと思います。[段落スタイルの編集]ダイアログの[正規表現スタイル]で下図のように設定します。
 [“”‘’]
シングルクォーテーションマーク「u+2018」「u+2019」
ダブルクォーテーションマーク「u+0201C」「u+0201D」

これにより、欧文用の正しい引用符にも指定した欧文フォントが反映されます(下図)。

(最後に)
今回、正規表現スタイルを使用して合成フォントと同様の見た目になるよう考えてみましたが、もっと良い設定方法や、気をつけた方が良いポイントがあるのではないかと思います。ご意見をいただければ幸いです。

(追記)
なお、InDesign CS6までとInDesign CC以降では、[半角数字]に適用されるアキ量が異なるので注意が必要です。InDesign CS6までは、[半角数字]が[半角欧文]として認識され、文字組みアキ量設定の[和文と欧文の間]のアキ量が適用されていました。しかし、InDesign CC以降は、[半角数字]は[半角数字]としてきちんと認識され、[和文と英数字の間]のアキ量が適用されるように修正されています。
この件に関しては、こちらの記事『InDesign CC No.07 合成フォント使用時に文字組みが変わる?』もご覧下さい。

また、u+2014のEMダーシに対しても欧文フォントが適用された方がよいとのご指摘を受けましたので、正規表現スタイルの最後の行にu+2014も追加しておくと良いかと思います(下図)。

(追記 2017.6.23)
正規表現スタイルでベースラインを調整している場合、「欧文と和文にまたがって下線を引くとずれる」等、下線・打ち消し線・圏点・上付き文字等の文字修飾機能に影響が出るので注意が必要です。

(追記 2017.7.5)
works014さんからご指摘を受けましたが、
フレームグリッドでこの正規表現スタイルを使用する際には、[文字]パネルのパネルメニューにある[文字の比率を基準に行の高さを調整]はオフにして使用してください。フレームグリッドの1行目等が2行取りになってしまう場合があります。詳細は、Study Room CS『No.21 文字の比率を基準に行の高さを調整』を参照してください。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

DTP Transit

「フォントかるた」がAmazonで販売開始

特定の展示会などでのみ販売されてきた「フォントかるた」がAmazonで購入できるようになっています。プライム対応(送料無料)です。

使用書体:かるた BOLD/リュウミン B-KO/ヒラギノ明朝体 W8/小塚明朝 M/游明朝体 M/A1 明朝/マティス EB/ヒラギノ角ゴ W7/ゴシックMB101 B/游ゴシック体 B/こぶりなゴシック W6/太ゴB101 Bold/MS ゴシック/メイリオ/AXIS FONT ベーシック M/中ゴシックBBB/ゴナB/新ゴ R/新丸ゴ M/ヒラギノ丸ゴ W6/秀英丸ゴシック B/じゅん 34/筑紫A 丸ゴシック Bold/ナールDB/ナウ MU/わんぱくゴシックN B/ナウ GU/ハルクラフト Heavy/ハッピーN H/タカハンド B/くもやじ R/フォーク B/丸フォーク B/カクミン B/竹 B/創英角ポップ体/はるひ学園 L/明石 L/正楷書CB1/角新行書 M/モアリア B/教科書ICA M/ふい字/武蔵野/TB 古印体/勘亭流/プリティー桃 Bold/凸版文久明朝 レギュラー

詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

mottainaiDTP

JeditXの全角/半角変換設定をExcel+AppleScriptで管理する

DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1) JeditXには「半角→全角」「全角→半角」「全角/半角文字の統一」という、とても便利な機能があります。ただ、設定が「半角→全角」「全角→半角」で各1種類ずつしか保存できないことについては以前から残念に思っていました。 何か方法がないかと思っていたところ「半角→全角」「全角→半角」のダイアログに表示される「cnvFlag」という値(文字列)が設定内容を示していることが分かりました。この値を使ってAppleScriptを実行すれば全角/半角変換を一気に処理できることも確認できました(下図参照)。この方法であれば複数の変換設定をファイルとして保存しておくことも可能です。 <img border="0" alt="0620b.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0620b.png" width="530" height="200"> ただ、スクリプトに書かれたcnvFlagの値から変換設定内容を推測することは困難です(間違ったファイルを使うと事故にもつながります)。これを解決するために今回はExcelを使って設定をおこない、cnvFlagの値を得る方法を考えました。 <img border="0" alt="0620a.png" src="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/0620a-thumbnail2.png" width="530" height="300"> Excelのドロップダウンリストで各項目のオン/オフを設定すると、右側の黄色い欄にcnvFlagの値が表示されます。また、下部の緑色の欄にはAppleScriptの内容が生成されます。この5行をコピーしてスクリプトエディタにペーストするだけで、簡単に実行ファイルを作ることができます。 <a href="https://www.youtube.com/watch?v=rBIbaTxFRA4&amp;external_video_config=width%3D480%26height%3D320">JeditX全角半角変換設定をExcelで管理</a> また、反対にcnvFlagの値を入力すると設定内容が表示されるExcelファイルも用意しました。確認のために使用することを想定しています。 手作業でコツコツ入力したExcelファイルなので、どこかに不備があることも考えられます。必ずバックアップをとり、十分にテストしてからお試しいただくようお願いします。 サンプルデータはこちら《<a href="http://mottainaidtp.up.seesaa.net/image/cnvFlag_0620e.zip">cnvFlag_0620e.zip</a>》です。<a></a>
DTP作業者にとっての難易度 ★☆☆☆☆(1)

JeditXには「半角→全角」「全角→半角」「全角/半角文字の統一」という、とても便利な機能があります。ただ、設定が「半角→全角」「全角→半角」で各1種類ずつしか保存できないことについては以前から残念に思っていました。

何か方法がないかと思っていたところ「半角→全角」「全角→半角」のダイアログに表示される「cnvFlag」という値(文字列)が設定内容を示していることが分かりました。この値を使ってAppleScriptを実行すれば全角/半角変換を一気に処理できることも確認できました(下図参照)。この方法であれば複数の変換設定をファイルとして保存しておくことも可能です。

0620b.png

ただ、スクリプトに書かれたcnvFlagの値から変換設定内容を推測することは困難です(間違ったファイルを使うと事故にもつながります)。これを解決するために今回はExcelを使って設定をおこない、cnvFlagの値を得る方法を考えました。

0620a.png

Excelのドロップダウンリストで各項目のオン/オフを設定すると、右側の黄色い欄にcnvFlagの値が表示されます。また、下部の緑色の欄にはAppleScriptの内容が生成されます。この5行をコピーしてスクリプトエディタにペーストするだけで、簡単に実行ファイルを作ることができます。


また、反対にcnvFlagの値を入力すると設定内容が表示されるExcelファイルも用意しました。確認のために使用することを想定しています。

手作業でコツコツ入力したExcelファイルなので、どこかに不備があることも考えられます。必ずバックアップをとり、十分にテストしてからお試しいただくようお願いします。

サンプルデータはこちら《cnvFlag_0620e.zip》です。

by 照山裕爾 at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ajabon

InDesign / Illustrator:インデント値を字数で入力したい

  ことってありますよね。問答無用で。 まあ、級/歯を脳内でミリ換算できて当たり前の業界ではあるんですが、 ウチはもう10Qと12Qしか愛せないっ。 「11Qの2w落ち」とかで既に電卓ラブです。理屈だけわかって […]

by AJABON GRINSMITH at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

デジタルギャラリーに土器の画像三点が加わりました。

デジタルギャラリー
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery.html

Doki

土器2
土器3
http://www.imeasure.co.jp/ortho/gallery/gallery11.html

この画像は、株式会社 シン技術コンサル様に納入、稼働中の1号機を用いて得た画像です。
光学解像度:300ppi(11.8pixel/mm)
スタンド型であり、土器を撮影台に立てたままで非接触撮影することができます。
水平方向にレンズ+カメラユニットが前後して合焦(ピントが合う)します。

株式会社 シン技術コンサル様 オルソスキャナ仕様:
・光学解像度:512ppi(20pixel/mm) ※レンズの設計値
・被写体寸法:Φ50mm ×H1000mm

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

あさうす

face

MORISAWA PASSPORTとTypekitのフォントの相互互換性について

まあこんなこと検証する奴なんかきっといねえ、と思ったので出しときます。

MORISAWA PASSPORT(以下MP)に入っているフォントの一部はAdobeのTypekitでも提供されているんですが、果たしてその互換性はあるのか、という話です。



もとは公式フォーラムで出てきた質問が元ネタ(最近そんなのばっかりである)。
あわせて、6月17日に開催したDTPの勉強会・第25回に書かれた質問の回答でもあったりするというアレです。

by あさうす at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

REAR WINDOW | 裏窓

820x312_2

まぁ
今、改めて、『冷静に』見ると、突っ込みどころ満載で
グレースケリーのドレスにいたっては、アイドル映画の域に思えるわ…
(イーディス・ヘッドのドレスは好きだけどね…当時の女性っぽい感じが)

しかし、それを引いても、グレースケリーのチャーミングさにヤラレてしまう

0

劇中で見られる、このドレス(うわぁ、このバービー欲しい…笑)
去年あたりから、似たような構造のドレスを良く若いデザイナーの女子が着ています。
通常の布とレース地の2重構造のスカート、よく見た(最近みないな…)
時代は回るですかね…


by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

FontExplorerX

現場での業務で、どうしても必要になってしまい
FontExplorerXを購入した。

買って1週間だが、バグレポートを1件送っている。
(×××にくれべれば…マシな方だ…)
ちょっとバグレポート送りにくいぞ…モノタイプぅ


トライアル期間中に、再度モノタイプのニュースメールに登録したら
20%OFFの値引きコードが届いた
少し安く買えてよかった。

操作中にはクラッシュする事も…まぁあるけど
操作していなければ、特に気になる所も無いし
思っていたよりメモリー等のリソースも使わない。
(フォント関連のツールは、ええっっっっって思うほどリソース使う物もあるからね)

日本語表示関連は、まぁちょっと怪しいけど
最初の頃のリリースにくらべれば、随分マシになっている。
約1万円 価値があるか?(もちろん使い方によるから、利用者次第だけど)はこれから

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

フローズン・タイム CASHBACK

820x312


1時間40分の版と20分弱のショート版がある

たしかに、スカートの裾がフワリと奇麗に揺れる瞬間って
良く目にする。
おじさんでも、うぁキレイ…って思うわぁ

原題のキャッシュバックは、日本では、馴染みが無いので
邦題のフローズンタイムとなったんだろうが

出来れば、エンディング付近で主人公が開く個展のタイトル
フローズンセカンド が良かったと思うが
これまた、馴染みの無い単語だから、難しかったかな…

Website_image00290618_133103


アメリカン・ナイズされる事が良いとは言わないが
『ハグ』だったり『ハイタッチ』だったりも一般的になって来ているし
邦題…どうせ、邦題付けるなら…とも思うのだが

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

第26回勉強会-2日目

Tweet   テーマは「文字[作る]」です。 書体を作るとなると大変ですが仕事で使う特別な記号などを自分で作れると便利です。 デジタルフォント作成アプリ「Glyphs(グリフス)」の使い方講座です。 「Gly […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

第26回勉強会

Tweet                   テーマは「文字」です。 「デジタル文字とは?」と「検索/置換で文字を使いこなそう」 […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.05 最低限覚えておきたいショートカット

素早く作業するために、ショートカットは欠かせません。できるだけ多くのショートカットを覚えるに越したことはありませんが、今回は、最低限覚えておきたいショートカットをご紹介しておきたいと思います。

X:「塗り」と「線」のアクティブを切り替える
/:カラーを「なし」に
shift+X:「塗り」と「線」のカラーを入れ替える
J:フレームとテキストのどちらのカラー設定をアクティブにするかを切り替える
w:「標準モード」と「プレビューモード」の切り替え
選択ツールから文字ツールへ持ち替える:選択ツールでテキストフレーム内をダブルクリック
単語の選択:文字ツールでダブルクリック
行の選択:文字ツールでトリプルクリック
段落の選択:文字ツールで4回クリック
テキスト編集中にcommand(WindowsはCtrl)キーを押すと一時的に選択ツールに
テキスト編集中にescキーを押すと選択ツールに切り替わり、そのテキストフレームが選択される
テキスト編集中にoption(WindowsはAlt)キーを押すと一時的に手のひらツールに
画像の中身を選択:選択ツールで画像をダブルクリック

もちろん、これ以外にもたくさんのショートカットを覚えてください。
なお、ショートカットが割り当てられていないメニューやコマンドにも、ショートカットを設定することが可能です。まず、[編集]メニューから[キーボードショートカット]を選択します(下図)。

[キーボードショートカット]ダイアログが表示されるので(下図)、[新規セット]を作成してショートカットを割り当てればOKです。なお、[セット表示]ボタンをクリックすることで、ショートカットの一覧をテキストとして表示することも可能です。プリントして、ショートカットを覚える時の参考にすると良いかもしれません。

ちなみに、カスタムで作成したショートカットは、初期設定の「InDesign Shortcut Sets」の中に保存されます(下図)。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.04 段落境界線を活用する

[段落境界線]とは、段落に対して境界線を引く機能です。下線のように、テキストに対して罫線を引く機能だと思われがちですが、テキストの増減に応じた色ベタや枠囲みのオブジェクトを作成することもできる便利な機能です。
まずは、下図の見出し部分に対して、段落境界線を適用してみましょう。

[段落]パネルのパネルメニューから[段落境界線]を選択し、[段落境界線]ダイアログが表示したら、[前境界線]の[境界線を挿入]にチェックを入れ、[線幅]を設定します(図では0.1 mm)。また、目的に応じて[オフセット]を設定します。ここでは「−1 mm」に設定したことで、文字の仮想ボディの底辺より1mm下に境界線が作成されます(下図)。

では今度は、見出しの背景に色ベタのオブジェクトを設定してみましょう。なお、見出し部分には、あらかじめ[左/上インデント]を「1mm」に設定してあります(下図)。

[段落境界線]ダイアログを表示させ、下図のように指定します。ポイントは、太い[線幅]を指定し、境界線がテキストの真ん中くるよう設定することです。また[幅]を「列」から「テキスト」に変更しておくことで、テキストのある部分にだけ境界線を引くことができます(下図)。

では、見出しのテキストを増減させてみましょう。下図のようにテキスト量に応じて、段落境界線が可変するのが分かるはずです。

今度は、見出しに枠囲みの境界線を設定してみましょう。InDesignの段落境界線では、[前境界線]と[後境界線]の2つを設定できますが、両方設定することで、枠囲みを再現できます。ここでは、下図のように設定しました。ポイントは、[前境界線]と[後境界線]が同じ位置に重なるように設定し、[後境界線]の[カラー]を「紙色」に、そして[後境界線]の[線幅]を若干細く設定することです。こうすることで、線幅の差分の半分が罫線のように表示されて見えるというわけです。
※[後境界線]は[前境界線]よりも前面に描画されます。

設定が反映されたテキストです(下図)。

同様に角丸の境界線も作成できます。ポイントは、[種類]に「句点」または「点」を選択し、それぞれ[カラー]と[間隔のカラー]に同じカラーを指定することです(下図)。

設定が反映されたテキストです(下図)。なお、これらの設定は、段落スタイルとして運用すると、さらに便利に活用することができます。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

大阪DTPの勉強部屋

隔週金曜勉強会

Tweet             テーマは「DTP作業を効率化するTips」 今回は「InDesignの表組をマスターしよう-その2」 Illustrator […]

by えむ at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

InDesignの勉強部屋

No.03 正確な角丸を描くには

InDesignで角丸長方形を描画すると、その角丸は指定した値のキレイな角丸になりません。
下図は、シアンの角丸長方形がIllustratorで作成したもの、マゼンタの角丸長方形はInDesignで作成したものです。どちらも同じ角丸の値(5mm)を指定していますが、形状が異なっているのが分かります。

これは、InDesignがリリースされた当初から問題となっており、これまで何度も改善要求がなされていますが、いまだに改善されていません。そこで、回避するためのいくつかの方法をご紹介していきます(本来、Adobeが修正すべき問題なので、早急に改善してくれることを望みます)。

まずは、Illustratorで角丸長方形を作成、InDesignにペーストする方法です。InDesignでは、Illustratorのパスオブジェクトを、パスのまま取り込むことができます。手っ取り早く作業するには、良い方法です。

次は、角丸長方形を「線」として描画する方法です。下図のように、[線]パネルで太い[線幅]を指定し、[種類]に「句点」または「点」を選択し、[間隔のカラー]を指定します。図では、分かりやすいように[線]のカラーをマゼンタ、[間隔のカラー]にイエローを指定しています。実際の作業では、[線]のカラーと[間隔のカラー]を同じにすれば良いというわけです。ただし、この方法は端が半円になっている場合にしか使えません。

ちなみに、テキストオブジェクトの場合には、[段落境界線]を使って同様のことが可能です。[段落境界線]ダイアログで[境界線を挿入]にチェックを入れ、[オフセット]や[インデント]を指定したら、[種類]に「句点」または「点」を選択し、[カラー]と[間隔のカラー]に同じカラーを指定します(下図)。なお、[前境界線]と[後境界線]を両方使用すれば、角丸の囲み枠も作成可能です。

最後の方法として、スクリプトをご紹介させていただきます。お〜まちさんが運営されている『ディザInDesign』さんから「kadomaru.jsx」をダウンロードして使用することで、キレイな角丸が作成できます。

角丸長方形に変換、または作成を行う

(注意点)
なお、Illustratorのパスオブジェクトをペーストしたり、InDesignの複数のオブジェクトを合体させたり、スクリプトを使用して角丸を作成しているような場合には、サイズ変更により角丸の形状が変わってしまうので注意が必要です(InDesignの[角オプション]の機能で角丸を作成している場合には問題ありません)。

(追記 2017.06.15)
もう1つ別の方法があるのを書き忘れていたので追記させていただきます。[線]パネルから新規で[線種]を作成する方法です。まず、[線]パネルのパネルメニューから[線種]を選択します(下図)。

[線種]ダイアログが表示されるので、[新規]ボタンをクリックします(下図)。

[新規線種]ダイアログが表示されるので、任意の[名前]を付け、[種類]に[線分]を選択します。次に、[長さ]と[パターンの長さ]に同じ値を入力し、[先端の形状]に[丸形先端]を選択し、[OK]ボタンをクリックします(下図)。

[線種]ダイアログに戻ると、新規で作成した線種が保存されているので、[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じます(下図)。なお、この設定はドキュメントを何も開いていない状態で作成しておくと、以後、新規で作成するドキュメントで使用できるので便利です。

あとは、作成した「線種」を[段落境界線]ダイアログの[種類]に指定すればOKです(下図)。もちろん、カラーも指定できます。

テキストに適用すると、きちんと角丸の段落境界線が反映されているのが分かります(下図)。


by Yuji Mori at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

FORCE

背に腹はかえられないかい…プッ

Website_image00290613_224858


AppleってQRバーコードが大嫌いだったのにね…ぷぷぷ

やっぱり金かぁ…

次はブルーレイもお願いしたい

by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

いやぁ…『これ』は…無いだろ…いくらなんでも…

Website_image00290613_222506

意味わからん…
それとも、俺には理解出来ない、ナニか深いナニがあるのかな…
う〜ん

初めて人工知能aiで書いた太陽とか?

有名な画家の幼少期に書いた太陽とか?

著名なデザイナーが目をつぶって書いた太陽…とか?

う〜ん


by Force at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

ichinose

さてと ICCプロファイルでも作りましょうか

I1scanner

久しぶりに 色再現をやっています。

EPSON  イメージスキャナ GT-X980 を買うと タダで付いてくる

X-Rite の 『 i1Scanner 』 を使って ICC プロファイルを作っています。

昔はコレ単体がモナコカラーって名で売ってました。

3万円くらいしていましたよね。

スキャナにプロファイルメーカーが標準添付されてんですからね。

スゴイ時代です。

プロファイルを作るには、ご存じの通り、

(1)使用するカラーチャートのパッチごとの測色値

 (X,Y,Z か L,a,b)

(2)カラーチャートのイメージスキャナでスキャンした値

 (R,G,B)

の両方が必要ですよね。

i1Scanner は実際にやってみると、かなり簡単で、

200ppiフルカラースキャン画像をアプリに放り込んで、

カラーチャートの4角のマーカーを手動でマウスでクリックして、

(1)のデータファイルを探して選択すると、

あとは自動でプロファイルが生成されます。

超、簡単でした。

・・・

で、まずは基本的なチェック作業です。

出来上がったICCプロファイルを使って、

ICCプロファイルを作るために使用したカラーチャートのスキャン画像本体を

 RGB から Lab に変換

してみる。

当然、(1)の測色値とピッタリ一致するはずです。

だって、変動要因は殆どないんだから。

もし変動要因があるとすれば、(1)の測色値。

これは、ロット毎の管理なので1日1枚しか測定していない。

私が購入した手元のチャートの色を計測した訳では無い。

・・・

Adobe RGB の色空間で、

スキャナのICCプロファイルを使って、

変換して、その画像のLab値を計測する。

もちろん、絶対値を比較しますので、変換モードは

Absolute「絶対的な色域は維持」ですね。

さて、カラーパッチの色再現、ΔE(Lab)が1未満にならないとしたら、

その要因は何なんでしょうかね。

わくわくする夜です。

 

by ichinose at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加

n-yuji

[book]最近読んだ本。

楠本まき『A国生活』、吉田秋生『きつねのよめいり』、大島弓子『さようなら女達』、東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』、丸山真男『日本の思想』。 A国生活 (フィールコミックス) 作者: 楠本まき 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2014/08/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (4件) を見る きつねのよめいり (小学館文庫) 作者: 吉田秋生 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1995/06 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブロ ...

by n-yuji at 詳細 このエントリーをはてなブックマークへ追加